toggle

猫専門医・服部幸先生に全国から質問殺到! 猫との暮らしのギモン・お悩み「厳選10問10答」<その1>

公開日:2018年5月11日
更新日:2019年5月20日||【PR】ライオン商事株式会社

「猫トイレの疑問・お悩み10問10答」を受け、全国の猫の飼い主さん700人以上から猫との暮らしに関するちょっとしたギモンやお悩みがたくさん寄せられました。今回も東京猫医療センターの服部幸先生にズバリ、アドバイスをいただきました。

《お話を伺った先生》
東京猫医療センター院長 服部 幸先生
2003 年北里大学獣医学部卒業。動物病院勤務後、2005年より SyuSyu CAT Clinic 院長。2006年、アメリカのテキサス州にある猫専門病院「Alamo Feline Health Center」にて研修プログラム修了。2012 年「東京猫医療センター」を開院し、2013 年には国際猫医学会よりアジアで2件目となる「キャットフレンドリークリニック」のゴールドレベルに認定された。著書に『ネコにウケる飼い方』(ワニブックス PLUS 新書)、『猫の寿命をあと 2 年のばすために』(トランスワールドジャパン)、監修に『ネコの看取りガイド』(エクスナレッジ)ほか。

猫トイレのギモン

Q1. 鉱物系猫砂の砂埃、大丈夫!?

◆鉱物系の猫砂の砂埃、猫の体に問題はないでしょうか?(2歳/愛媛県)
◆鉱物系の猫砂を使っていますが、神経質に砂を掘るコがいて、たまに体が真っ白になって出てくることも。吸い込んだ時の影響が心配です。(7歳/三重県)
※( )内は愛猫の年齢。

⇒A. 砂埃の少ない製品を選び、ブラッシングで体の埃を落とそう。

鉱物系に限らず、どんな素材でも猫砂の舞い散る砂埃を大量に吸いこむことは、好ましいことではありません。むせる、咳こむ、鼻づまりを起こすなどの可能性があります。同じ素材でもいろいろなタイプがあるので、なるべく砂埃の少ないものを選ぶとよいでしょう。猫トイレに砂を入れる時は、細かい粉は入れないように注意してください。

できるだけ砂埃の少ないものを選んであげるようにしたい。
 
▼粉が舞いにくい鉱物タイプの猫砂

 
また、体についた砂埃は猫が毛づくろいをした時に体内に入る可能性があるので、体が白くなるほど激しく砂かけをするようならば、トイレの後にブラッシングをして体についた砂埃を落とすなど、気を配りましょう。猫がトイレに入った後やトイレの掃除をする時には窓を開けるなど換気もしっかり行いましょう。

 

Q2. トイレ前後の猛ダッシュはなぜ?

◆トイレの前後に狂ったように猛ダッシュするのですが、どうしてですか?(1歳/大阪府)
◆ウンチをする時に興奮して走り回るのですが問題ない行動ですか?(8歳/熊本県)
◆トイレの前で鳴いた後にオシッコやウンチをします。なぜですか?(2歳/福岡県)
◆トイレの際にいつもの違う鳴き声でトイレの周りをうろうろします。粗相はないけれど気に入っていないのでしょうか?(3歳/埼玉県)

⇒A. 「猫あるある」な行動の一つ。諸説あるけれど本当の理由は「?」

「排泄をしている時は無防備なので、天敵に狙われないように早く立ち去るためにトイレの後にダッシュする」「排泄後はすっきりしてテンションが上がる」といった理由づけなどを耳にしますが、本当のところはよくわかりません。トイレの前に鳴くのは「するよ」という合図、終わった後に鳴くのは「出たよ」「早く片づけて」という意味合いにもとれますが、これも人が勝手に推測した解釈に過ぎません。

行動の真意ははっきりとはわかりませんが、皆さんからたくさん質問が寄せられたことからもわかるように、トイレの前後のこうした行動は多くの猫によく見られる、ごく普通の行動の一つなので心配は無用です。ただし、排泄している最中に痛そうに鳴いたり、出てきてうずくまったりしているような行動が見られる時は何らかのトラブルも考えられるので、動物病院に相談してください。

 

Q3. 多頭飼育のトイレチェック、どうしたらいい?

◆猫3頭に4つのトイレを用意していますが、みんな1つのトイレしか使いたがりません。他のトイレは何が気に入らないのでしょうか?(3歳ほか・3頭以上/山形県)
◆猫が2頭いて、どちらのオシッコか判断できません。見分ける方法はなにかありますか?
(9歳ほか・2頭/福岡県)

⇒A. 健康チェックの難しさは多頭飼育のリスクの一つ。

頭数分トイレを用意して1頭ずつに割り当てたとしても、そもそも自分のトイレだという認識も、それを使わなければいけないという概念も猫にはありません。そのため、1つのトイレばかり集中して使うということもあります。猫によって砂の好みも違うので、違うタイプの砂を用意すれば、自分好みのトイレを見つけるかもしれません。

多頭飼育の場合は、排泄物だけで誰がしたものかを判断することはとても難しいので、している「現場」を確認してチェックするのがやはり一番確実です。多頭飼育は、個性豊かなさまざまな猫たちと暮らせる楽しさがある一方で、1頭ずつトイレチェックが難しいというリスクがあることも知っておきましょう。

トイレに入っている現場を一度観察してみましょう。

<関連コンテンツ>
愛猫がガマンできないNGトイレとは?! 詳しくはコチラ≫

猫のウンチのギモン

Q4. これって便秘?便秘の対処法は?

◆ごはんは毎日よく食べますが、ウンチは4日に1回のペースでどっさりします。これはこのコの体質でしょうか?(6歳/埼玉県)
◆うちの猫も超便秘がち。療法食や薬、マッサージ以外に便秘に効く方法はありますか?(14歳/静岡県)

⇒A. まずは便秘の理由を知ること!便秘対策には水分補給も大切。

個体差はありますが、健康な猫では1日1回の排便が基本です。猫は一般的に水分の摂取量が少ないのでウンチが硬くなりがちですが、ウンチが出ない=便秘といってもいろいろな理由が考えられるので、まずはなぜ便秘をしているのか、その原因を突き止めることが大切。巨大結腸症や大腸がんなどの病気が潜んでいることもありますし、トイレが汚れていて我慢することで便秘になることもあります。

原因を取り除いても改善されない場合は、元々の体質ということも考えられます。いずれにしても、3日以上ウンチが出ない状態が続くと猫も苦しいので、一度動物病院に相談してください。また、薬やマッサージも効果的ですが、便秘の改善には水分補給も大切です。その他、便秘対策用のフードやサプリメントを試してみるのもよいでしょう。

健康な猫では1日1回の排便が基本。愛猫はいつ排便している?

▼愛猫の毎日のトイレチェックが簡便に!LION公式アプリ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ニオイをとる砂 公式アプリ 『猫ちゃんのトイレ日記』 ダウンロードはコチラ

猫のマーキングのお悩み

Q5. 去勢したのにマーキングが治まらない

◆去勢をしましたがスプレー行動が治まりません。主治医に相談したところ、そういう猫もいるのであきらめてくださいと言われました。(4歳・3頭以上/群馬県)
◆去勢しているのにマーキングでどこにでもおしっこをしてしまう猫がいて困っています。(4歳・3頭以上/福岡県)
◆去勢しているのにカーテンなどにマーキングをしてしまうのをどうにかしたいです。(5歳・1頭/三重県)

⇒A.去勢だけではマーキングのすべては解決しない。

マーキングは猫が自分のなわばりにニオイをつけるために行うものであり、さまざまな原因によって起こります。皆さん、誤解があるようですが、去勢手術をしても尿スプレーによるマーキングは100%治まるものではありません。去勢をすることで性的欲求のためのスプレーは軽減されても、それ以外のものは去勢だけでは改善されません。スプレーの原因は、環境の変化や家族の生活パターン、近隣の外猫の存在、不安などさまざまです。

尿スプレー…自分の縄張りを主張するマーキングの一種で、腰を上げて立ったままの姿勢で、壁など垂直なものに向かって少量の尿を噴射する行動。

単頭飼育でも25%、10頭以上の多頭飼育ではほぼ100%でスプレーが起こるという報告もあり、相性の悪い猫の存在が不安要因になっていればスプレーは治まりません。また、スプレーはオスだけでなく、メスでも見られることがあります。

スプレーを改善するためには、まずは原因を突き止めて取り除く必要があります。状況を見ないとなんとも言えませんが、一般的な改善方法にはスプレー対象物の掃除・保護・処分、スプレーする場所でごはんをあげる(猫は食事場所ではスプレーはしない)、スプレーする場所にトイレを置く、欲求不満の解消、フェロモン療法、不安を和らげる薬の投与などの方法があります。

猫の避妊手術のお悩み

Q6. かわいそうだからできれば避妊手術はしたくない

◆避妊手術を先延ばしにしています。家から出さなくてもやるべきでしょうか?(0歳/埼玉県)
◆かわいそうで避妊手術をさせたくありません。手術しないでストレス・病気にかからない方法はないですか?(1歳/宮城県)

⇒A.する/しない?本当にかわいそうなのはどっち!?

手術すれば発情のストレスから解放され、乳腺腫瘍の発症率も下がる。メスは年3〜4回程度、発情します。避妊をしなければ、発情期にオスを求めて外に出たいのに出られず、猫にとっては大きなストレスになります。発情期のおよそ1週間、猫は人間の赤ちゃんの激しい泣き声のように、夜中に大きな声で鳴き続けますが、飼い主さんはこれを受け入れなければなりませんし、マンションなどでは近所迷惑になることもあり、飼い主もストレスを抱えることになります。

合成黄体ホルモン製剤を使って発情を抑える避妊方法もありますが、副作用も大きいため私はお勧めしません。お腹を切ることがかわいそうに感じるのかもしれませんが、それは手術の時だけ。毎回、発情のストレスを猫に抱えさせたまま、やり過ごすしかない状況のほうがむしろかわいそうにも思えます。

また、避妊手術は単に妊娠のリスクを避けるだけでなく、子宮や卵巣を摘出することで、子宮蓄膿症などの生殖器の病気を予防できます。さらに、生後1年未満に避妊手術を行うことで、猫に多い乳腺腫瘍(乳がん)の発生率を高い確率で防ぐことができると報告されています。ただし、避妊手術の時期が遅くなれば、予防効果は下がります。発情のことなどを考えると、避妊手術は初めての発情が来る前に行うことが理想的だと私は考えます。病気の予防や猫と人がお互いに快適に暮らすためにも、繁殖の予定がなければ、避妊手術を検討されてはいかがでしょうか。

猫の水飲みのギモン

Q7. 水飲みのお皿以外で水、お風呂場の水を飲みます

◆シンクの水が気になるのか、水滴などを舐めます。(0歳/千葉県)
◆お風呂場についてきて、飛び散った水を舐めます。水飲みのお皿に問題があるのでしょうか?(3歳/山口県)
◆お風呂場でしか水を飲まなくて困っています。(5歳/滋賀県)

⇒A.決まった器で飲まなくたっていい。お風呂場に猫用の飲み水を用意しては?

水は用意した水飲みの器で飲むもの、というのは飼い主さんの発想。猫にしてみたら、どこで飲もうと水は水、器から飲まなければいけないという考え自体がありません。腎臓病の予防のためにも水は積極的に飲ませたほうがよいので、水飲みは1カ所だけでなく何カ所かに用意するとよいでしょう。お風呂場で水を飲むことが好きならば、むしろ洗面器などに猫用の水を用意してあげたらどうでしょうか。お風呂場だったらもしも水をこぼしても、カーペットの上でこぼされるよりも掃除がよほどラクですよ。ただし、洗剤や入浴剤が残っていないように注意してください。

また、水飲みの器の材質や大きさには好みもあります。一般的に水を飲む時に縁にヒゲが当たらない広めの器を好む猫が多いので、試してみるのもよいかもしれません。

しっかりと水を飲んでもうらうため、愛猫の好みの水飲みを見つけてあげましょう。

<関連コンテンツ>
愛猫を慢性腎臓病から守るための6つのポイント 詳しくはコチラ≫

猫の食事のギモン

Q8. かつお節、どのくらいならあげてもいい?

◆うちのコはかつお節大好き。元々小食でかつお節をかけると食いつきがよくなるので1日2gくらいあげています。塩分が気になりますが与えないほうがよいでしょうか?(3歳/茨城県)

⇒A.適量は1回指先でひとつまみ程度。

かつお節を風味づけに少しトッピングするのはよいと思いますが、量が気になります。2gと言えば、削り節の小袋パック1袋弱くらい。猫の体重が4kgだと想定して、60kgの大人の人に置き換えて考えると、人が1日15袋食べていることになり、これは多すぎると思いませんか?食いつきのきっかけに与えるのであれば、せいぜい1回量は指先でひとつまみくらいが適量。

かつお節を与えることが心配なら、ガーゼやお茶パックの中に入れ、ドライフードのストックの中に一緒に入れておくと風味だけがつくので試してみてください。

 

Q9.すぐにフードを食べ飽きてしまいます

◆食べ飽きることが早すぎるのでフード選びに困ります。どうしたら1つのフードを食べ続けてくれるでしょうか?(12歳/愛知県)

⇒A.猫はもともとムラのある動物。1つのフードにこだわっているのは飼い主さんだけ。飽きているのかどうか、タイミングをしっかり確認しましょう。

「食べ飽きている」という判断はどのタイミングでしていますか?与えてすぐに口をつけないと、「食べない」「飽きている」と思う人も多いのでは?けれども、ここですぐに他のフードに取り替えれば、猫は「別のフードが出てくる」と期待して、ますます食べなくなることも。人では、食事は朝昼晩、時間通りにとるという習慣がありますが、それは人間側の感覚。猫はお腹が空いていなければ食べないので、時間通りというわけにはいきませんし、もともと食欲にムラがあるので、少し様子を見るのもよいでしょう。

猫は食欲にムラがある動物。すぐに食べないのはお腹が空いていないだけかも。

また、療法食の場合は決められたものを食べてくれないと困りますが、1つのフードにこだわっているのは飼い主さんで、1つのフードを食べなければいけないという感覚も猫にはありません。中には「これしか食べない」という猫もいますが、通常の総合栄養食のフードであれば、数種類を用意して日替わりなどにしてみるのもよいと思います。「飽きた」と思ったフードも忘れたころにまた食べ始めることもあります。

猫の肥満のお悩み

Q10. 肥満のリスクを教えてください

◆どんどん太ってくるので、やせるための方法を教えてください。肥満のリスクにはどんなものがありますか?(12歳/埼玉県)
◆避妊手術をしてからお腹のたるみが気になります。座るとだら〜んとお腹が垂れます。太りすぎですか?(0歳/愛知県)

⇒A.ご長寿猫に肥満なし。与え方も工夫してみましょう。

避妊去勢手術をすると、太っていない猫でもある程度のお腹のたるみが出てきます。けれども、太りやすくなるのも事実なので注意が必要です。糖尿病、心臓病、関節炎、尿石症、肝臓病など、肥満は多くの病気で影響を及ぼします。私の経験からいうと、20歳を超えた猫で太っているコを見たことはないので、長生きするためにも肥満は大敵です。

肥満はぽっちゃりしていてかわいいですが…。

肥満の原因は基本的には食べすぎ。どんどん太っていくのは食事の量(摂取エネルギー)と運動量(消費エネルギー)が見合っていないからです。ただし、脂質の代謝異常で太る場合もあるので、食事の量を変えていないのにどんどん太る、カロリー制限をしても太る場合には動物病院に相談してください。

体重を減らす方法は食事の量を見直すこと。与え方をひと工夫するのもよいでしょう。ペットボトルにフードを入れて転がして自分で出さないと食べられないようにすると、運動しながら食べることができますし、退屈しのぎにもなるので一石二鳥。皿から食べないと行儀が悪いと思う人がいるようですが、そもそも、狩りで獲物を捕まえて食べることが猫の食事スタイルですから、お皿から食べることのほうが猫らしくないとも言えます。猫目線で猫との暮らしを工夫してみてください。

<記事後編>
「嫌がっても歯磨きさせるべき?」「危険な嘔吐、大丈夫な嘔吐の見分け方は?」など、猫との暮らしのギモン・お悩み「厳選10問10答」<その2>はコチラ≫

(構成・文:宮村美帆)

[PR]ライオン商事株式会社

 

【関連外部リンク】
ニオイをとる砂 公式アプリ『猫ちゃんのトイレ日記』ダウンロードはコチラ