toggle

猫専門医・服部幸先生が徹底解説。猫自身が好きなトイレを選ぶとしたら、どの猫砂を?【実験動画、公開中】

公開日:2018年11月28日
更新日:2019年5月20日|【PR】ライオン商事株式会社

愛猫の日々の快尿・快便のためにも、健康管理のためにも、猫トイレの環境はとても大切です。猫のトイレなので、猫が使いやすいことが重要です。あなたはどんな基準で猫トイレを選んでいますか?理想的な猫トイレの環境づくりについて、猫専門獣医師の服部幸先生(東京猫医療センター院長)と考えてみました。

《お話を伺った先生》
東京猫医療センター院長 服部 幸先生
2003年北里大学獣医学部卒業。動物病院勤務後、2005年より SyuSyu CAT Clinic 院長。2006年、アメリカのテキサス州にある猫専門病院「Alamo Feline Health Center」にて研修プログラム修了。2012年「東京猫医療センター」を開院し、2013年には国際猫医学会よりアジアで2件目となる「キャットフレンドリークリニック」のゴールドレベルに認定された。著書に『ネコにウケる飼い方』(ワニブックス PLUS新書)、『猫の寿命をあと2年のばすために』(トランスワールドジャパン)、監修に『ネコの看取りガイド』(エクスナレッジ)ほか。

その猫トイレ、本当に気に入って使っている!?

飼い主
飼い主
うちのコはいつもちゃんとトイレでしているからきっと満足しているはず!

服部先生
服部先生
猫ちゃんがトイレを“使っている”のと、“気に入っている”かどうかは別の問題。
それしかないから、しかたなく使っていることもあります。

猫はトイレにとてもこだわる動物です。気に入らなければトイレ以外の場所で粗相をすることもありますが、粗相せずにトイレで用を足しているからといって、気に入っているとは限りません。

トイレに入ったらまず砂をかき、排せつ後にたっぷり砂をかいて隠してから出ていくのが猫の基本的な排せつパターンですが、もしも次のようなしぐさが見られたら、猫の本音としてはそのトイレをあまり気に入っていないのかもしれません。

■猫トイレ不満足サイン

サイン1オシッコやウンチをした後に、砂をかけずに急いでトイレから出ていく。
「こんなトイレからはとっとと出たいにゃ!」

サイン2トイレのヘリや壁などをカリカリかく。
「本当は砂をかきたいんだけどにゃ〜」

サイン3空中をかくようなしぐさをする。
「この砂あんまり触りたくないにゃ〜」

サイン4トイレのヘリに足をかけて排せつする。
「肉球に当たる砂の感触がなんか気に入らにゃい!」

「トイレでこういうしぐさをする猫は案外多いようです」

 

飼い主
飼い主
うわぁ~、うちのコ、壁をカリカリするし、ウンチの時はトイレのヘリに乗っかってやっています(汗)
服部先生
服部先生
もしかしたら、あまり気に入っていないのかもしれませんね。

猫トイレの基本、これだけはしっかり押さえたい

もしも不満足サインが見られたら、猫トイレの環境を見直してみるとよいでしょう。猫が好む快適トイレの条件は次の通りです。

●猫砂のタイプ・量
一般的に、自然の砂に近い細かめの鉱物系を好む傾向にあるようですが、猫によって好みはさまざま。しっかりと砂かけができるように、砂はたっぷりに入れます。底が見えるようでは少なすぎ。

●トイレのサイズ・形
猫の体長の1.5倍の大きさが理想的。衣装ケースを利用するのもおすすめ。深さは浅すぎると砂が飛び散るし、深すぎると猫が出入りしにくいので、ちょうどいい高さのものを。

●トイレの数
いつでも清潔な状態で使えるように、猫の数+1つが理想的。

●トイレの置き場所
落ち着いて排せつできるように、廊下やドアの側など人の出入りの少ない場所に置きましょう。健康管理のためには、飼い主さんの目が行き届くリビングの片隅などがおすすめです。

飼い主
飼い主
なるほど。でも猫砂は種類がいろいろあって、どれを選んだらよいのか迷ってしまいます。
服部先生
服部先生
掃除がしやすいなど、飼い主さんが使いやすいものを選んでいることもあると思いますが、猫ちゃん自身に好きな砂を選んでもらうというのもひとつの方法です。

「猫トイレについて言いたいことはいろいろあるにゃ〜」

お気に入りの猫砂、試しに猫自身に選んでもらったら…?

それなら、お好みの猫砂を実際に猫に選んでもらいましょう。というわけで、保護猫カフェ「ネコリパブリックお茶の水店」の猫たちに協力してもらい、どの猫砂を選ぶのか試してもらいました。

用意した猫砂は、システムトイレ用のウッドチップ木系おから系紙系鉱物系の5種類(すべてライオン商事㈱の製品)。午後3時〜朝8時までの16時間、13頭(オス5頭、メス8頭)の猫たちに自由に使ってもらい、その様子をビデオカメラで記録しました。

システムトイレ以外、トイレ容器は同じものにして条件を揃えています。

これは「トイレカフェテリア」と呼ばれる方法で、カフェのいろいろなメニューの中からお気に入りのものを注文するように、複数の猫トイレの中から好みのものを選んでもらうという試みです。果たしてその結果はいかに!?

実験結果を服部先生にも見ていただきました。「これはなかなか興味深いですね」

▼実際に試してもらった時の様子を動画で確認

ごらんの通り、「ネコリパブリックお茶の水店」の猫たちの使用回数が多かったのは1位/鉱物系、2位/木系、3位/紙系で、今回は鉱物系の猫砂が一番人気でした。

実験終了直後にトイレ掃除をしたら、鉱物系と木系のトイレの中からは、オシッコの固まりとウンチがゴロゴロ出てきました。

服部先生
服部先生
おもしろい実験でした。やはり鉱物系が一番人気だったというのは納得の結果ですね。

トイレカフェテリア、うちのコにもやってみよう

 

飼い主
飼い主
うちのコにもやってみたいけど、自宅でもできるでしょうか?
服部先生
服部先生
いろいろな猫砂を用意するのは少し大変かもしれませんが、猫ちゃんが粗相をくり返したり、トイレを気に入らないサインを出しているようならば、やってみるといいと思います。
ご家庭では一度にたくさんのトイレを並べるのは難しいと思うので、2種類ずつの猫砂を比較していくのがよいでしょう。

2つの猫トイレを用意して、1つは現在使っている猫砂のまま、もう1つに別のタイプの猫砂を入れます。いきなり両方とも猫砂のタイプを変えるのは、どちらも気に入らずにトイレを使わなくなってしまう可能性もあるのでやめましょう。新しい猫砂を試す期間の目安は2〜3日間。気に入るかどうか様子を注意深く観察しながら、砂のタイプを変えて試し、愛猫の一番のお気に入りを見つけていきます。

砂を変えても、トイレ不満足のサインが改善しない場合は、トイレの置き場所やトイレ容器など砂以外のものも変えて試してみると解決策が見えてくるかもしれません。

服部先生
服部先生
今回試した結果では鉱物系が一番人気でしたが、木系など他のタイプの砂もけっこう使っていたように猫ちゃんによって好みが分かれ、すべての猫ちゃんが鉱物系が好きとは限りません。
猫ちゃんのことをよく観察して、そのコに合ったトイレ環境を整えてあげてください。

猫トイレは人にとっても猫にとっても快適であることが大切です。飼い主さんにとっては、吸収力固まり具合などオシッコやウンチの片づけやすさが重要ですし、ニオわない消臭力の高さもポイントとなるでしょう。

一方で、猫にとっては毎日使うトイレ。私たちもいつも使うトイレが汚かったり、狭かったり、ゴワゴワのトイレットペーパーだったりするのは嫌ですよね。猫ちゃんにとっても、ストレスが少ない快適なトイレにしてあげられると良いですね。

(構成・文:宮村美帆)

[PR]ライオン商事株式会社

【外部リンク】
今回試してみたニオイをとる砂の詳細はコチラ